家の中で探し物をするコツ5つ!見つからないときの最後の手段とは?

家の中で探し物をするときのコツを知りたいと思いませんか?
「家の中でなくしたはずなのに、見つからない…」ということは多いでしょう。
特に、指輪などの小さなものはなかなか見つからなくてイライラしてしまいますよね。
探し物を見つけるコツさえつかめば、簡単に見つけることができる可能性もあるのです。
そして、なぜ探し物が見つからなくなるのか、その原因を考えてみてください。

  • 家の中で探し物が見つからなくて困っている
  • 探し物を見つけるコツを知りたい
  • 探し物を見つけるまでに時間がかかる理由とは?

そんな悩みを解決しましょう。

1.探し物を見つけるコツ

家の中でなくしてしまったものを見つけるためには、どのようなコツがあるのでしょうか。
ぜひ実践してみてください。

1-1.同じ行動をとってみる

探し物をなくしたのがついさっきのことであるなら、なくすまでにとった行動を繰り返してみましょう。
たとえば、玄関を開けて靴と上着を脱ぎ、トイレに行ってから洗い物をした場合。
洗い物をしている最中でなくしたことに気付いたとしたら、玄関を開けるところから実際にやってみてください。
玄関やトイレで見つかる可能性が高いでしょう。
無意識のうちに置きっぱなしにしていることもあるのです。
意識して同じ行動をとってみることで見つかる可能性は十分にあります。

1-2.最初に探した場所をもう1回探してみる

家中のいろいろな場所を探しても見つからない場合は、最初に探した場所をもう1回確認してみてください。
「さっき見たから…」と言って新しい場所だけを探そうとする人は多いでしょう。
しかし、最初は見つけることができなくても、次に見たときに見つかる可能性はあるのです。
人間は「思い込み」によって決まったパターンの行動しか起こさなくなることがよくあります。
「ここにはない」と決めつけずに、行動に移すことが大切なのです。

1-3.なくしたものの名前を言いながら探す

たとえば携帯電話をなくしたなら「携帯電話、携帯電話」というように、その名前を繰り返し言いながら探してみてください。
何の意味もないように感じますがそうでもありません。
名前を言いながら探した方が早く見つかる、という研究結果が実際にあるのです。
理由は、集中力が高まることに関係しています。
また、探しているうちに「何を探しているのか分からなくなった」ということもあるでしょう。
名前を言いながら探していればそのようなこともありませんよね。

1-4.いったんリフレッシュするか諦める

探し物が見つからなくて煮詰まったときは、いったんリフレッシュしましょう。
たとえば、シャワーを浴びたりお茶を飲んだりしてみてください。
自然とアイデアが浮かび、なくした経緯を思い出す可能性があるでしょう。
また、なくしても困らないようなものの場合は、いったん諦めてしまうのも手です。
諦めたころに見つかるというジンクスもありますよ。

1-5.おまじないに頼ってみる

探し物を見つけるためのおまじないを試してみましょう。
根拠は分かりませんがハサミを持ちながら探すと見つかりやすいと言われています。
また、「にんにく、にんにく」とつぶやきながら探し物をすると見つかる、という説も。
理由としては、魔女がイタズラでものを隠しているため、魔女の嫌いな「にんにく」という名前を口に出すことで追い払うことができるのだそうです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!